Sakura Festivalとは?

Japanese Sakura Festival は、2018年よりイギリスのリーズにて開催されてきた日本文化体感型のイベントです。イベントの企画から資金調達・広告活動まですべてイギリス留学中の日本人学生によって行われています。
過去の開催では、着付け・茶道体験などの文化体験に加え、射的や輪投げなど子供も楽しめるゲーム、さらには日本食などをコンテンツとして提供してきました。
運営メンバーの多くが1年間の交換留学生であり、毎年運営メンバーが異なります。そのため、毎回イベント内容は異なり来場者には進化し続ける Japanese Sakura Festival を楽しんでいただけます。
 
また、開催地であるリーズはイギリス第3の都市として知られており、運営メンバーの多くが在籍するリーズ大学には世界150か国以上から学生が集まっています。
このような国際都市でイベントを開催することによって、イギリス人だけでなく世界中の方々に日本文化を楽しんでいただけると考えております。

イベント背景

Japanese Sakura Festival は、イギリスはリーズに留学していた7人によって2017年10月に設立されました。
 
留学中、食べ物や国民性、サブカルチャーを含む日本文化が好きな外国人と多く出会う中で海外での日本文化の人気の高さに驚きました。しかし、彼らの日本文化のイメージが寿司や漫画といった一面的なものであり、本当の意味で日本文化の魅力が普及していないことを痛感しました。
そこで、より多面的な日本文化を広めることによって日本文化のファンを増やし、リーズの地に日本文化を根付かせることを目的にイベントを企画しました。
 
2018年4月に開催された第1回 Sakura Festival in Leedsでは、初開催にも関わらず来場者数2775人と大成功を収め多くの方々に日本文化を堪能してもらうことができました。
イベント終了後には、SNS等で次回開催を望む声を多くいただきました。
そのため、次年度の日本人交換留学生に企画を引き継ぎ継続的なイベント開催に至ることが決定致しました。

​募金活動

私たちは非営利目的の団体であり、イベントの収益は毎年様々な団体に寄付することによって微力ながらも社会貢献したいと考えております。


第1回開催では熊本地震復興義援金として熊本県に、第2回開催では北海道地震復興義援金として日本赤十字社を通して寄付させていただきました。


今後も、イベントの収益の寄付を継続していく予定です。

運営メンバー

20190331_190407_0020.jpg

サセックス大学大学院 (2019年9月~ )

​- 社会開発学

法政大学  (2014 - 2019)

- 経済学部 国際経済学科

代表

​(第1回開催運営メンバー)

​佐藤 那桜

お問い合わせ

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2019 by Sakura Festival  in Leeds